« 銀河フレーム | Main | 決起集会 »

February 17, 2011

不思議な錯視(さくし)の世界♪

こんにちは検査員の小林です

今日は目の錯覚を利用した不思議な錯視の世界を少し紹介してみたいと思います

錯視とはトリックアート(だまし絵)とは違い、目から脳へと送られる情報が混乱したり錯覚を起こした時に起きる不思議な現象を体験できるものの総称です


それではいくつか紹介してみようと思います

これはエビングハウス錯視です
Photo
左の○の方が大きくみえますが、中心の○は両方とも同じ大きさです

続きましてカフェウォール錯視
Photo_2
横線はすべてまっすぐな直線なのですが、左上や右上に曲がって見えますよね


これはピンナ錯視です
中心の+印だけを見ながら顔を近づけたり遠ざけたりしてみてください
Photo_3
まわりを囲む模様が動いて見えましたか~???

最後にトロクスラー効果という錯視です
これは画面に顔を近づけて+印を集中して見つめてみて下さい
Photo_4
まわりを囲む色の斑点が消えていきませんか~?
不思議でしょ?


これらの不思議な目の錯覚はただ見て楽しむだけではなく、広告やCMなどに巧みに組み込まれ宣伝効果が上がるように利用されたりもしているんですよ
改めて人間の目や脳は不思議だなって思いますよね

|

« 銀河フレーム | Main | 決起集会 »