« プラスミックスpx-13231 | Main | 花粉症には。。。メニコンワンディ »

March 25, 2011

コンタクトケース

早いもので、3月も残すところ1週間・・・。


この時期は初めてコンタクトレンズをお使いになる方が多いです


最近は、使い捨てコンタクトレンズを使われる方が多く、

ソフトコンタクトが主流になりつつあります


と、いうことで今回はコンタクトレンズケースについてお話したいと思います


コンタクトケース

まずは、ソフトレンズケースのご紹介です。


コンタクトケース

こちらは、使い捨てコンタクトなどコールド消毒液を保管するケースです。

最近のソフトレンズ保存液にはこういったケースが保存液を購入する際一緒に入っています。

昨年、

細菌、アメーバー繁殖が問題になりニュースでも流れましたが、

水分のある所には細菌等が繁殖し易いので

清潔第一で、保存液がなくなるとケースも新しいものに換えて使用される方もいます。

また、

災害時の予備、自宅用、持ち歩き用と分けられる方もいらっしゃいます。

コンタクトケース

こちらのケースは、最近は少なくなってきましたが


使い捨てではないソフトコンタクトを煮沸消毒する場合に使用するケースです。
コンタクトケース

こちらの細長いケースはハードコンタクトレンズ用のケースです。


使い捨てコンタクトの歴史は1991年からですので、今年で20年とまだ短いんですよ。

ハードコンタクトはそれよりずっと昔からありますから、

使用されている方は多いんです。


コンタクトケース

ハードレンズは直径9ミリ前後と小さく、


ソフトレンズと比べると硬い素材です。

保存液につけておくだけでは、レンズがケースの中で泳いでしまい


傷が付いてしまいます。

レンズに傷をつけないホルダーにさして保管します。


ハードもソフトも毎日ちゃんとケアして保存液も新しいものに換えてくださいね。


今度は、ケースのお掃除の仕方、コンタクトレンズの歴史などもお話したいと思います。

お楽しみに

|

« プラスミックスpx-13231 | Main | 花粉症には。。。メニコンワンディ »