« 定休日のお知らせ | Main | HIARIフレーム »

May 30, 2018

カラーレンズの選び方(見た目編)

こんにちわ、アートコンタクトです。

暑くなってきてメガネの方もコンタクトにしたい!とお伺いすることが多くなってきました。
汗をかくことももちろん、夏に向けてイベントが増えてくるのでメガネだと・・・というお声が多いですね。

特に女性の方だとカラーレンズを希望される方が多いです。
当店でもジョンソン&ジョンソンから発売されている「1Dayディファイン」など、普段は2wで透明なものを使っているけど出かける時用としてカラーの1dayレンズを定期的に購入される方もいらっしゃいます。
学生さんだとカラーは校則にひっかかる・・という方もいらっしゃいますものね(‐v‐)

ただ皆さん悩まれるのが「バリエーションがあるとどれを選んでいいか分かりにくい・・・」というもの!
(もちろん検査時に左右で違う色をはめてみたり、購入の際に色を変えて頂いたりは可能です)


今回はそんなお悩みをざっくり解決するためのカラーレンズの選び方(見た目編)

今回は大きく分けて「黒目を大きく見せたい!」場合と「黒目をはっきり見せたい!」場合。

「黒目を大きく見せたい!」という方向けのポイントとしては、
・自分の瞳の色と同系色を選ぶ
・「着色外径(色の付いた部分の外回りの大きさ)」の大きいものを選ぶ

を重視していただくと良いと思います。

より自然なものがいいという方も同系色がおすすめです(・ω・*)
あとは色の付き方が一色ベタ塗りのものより2-3色重なっていたり、1色でも色の付き方がドット調になっているもの(=自分の瞳の色が下から透けてみえるもの)を選んでいただくとより深みが出るかと・・・

ドット調の色目のものは白眼との境目もパキっと分かれにくいので、「カラコンはいかにもはめてます!!みたいになるからやだ・・・」という方にもおすすめかと。


お次は「黒目をはっきり見せたい!」場合。
こちらは大きく見せたい時とは逆に、
・自分の瞳より少し濃い目の色を選ぶ
・ベタ塗りのものを選ぶ

この2点をポイントに選んでみて下さい。

黒目がちで大きく見せる必要がない方は自分の瞳に輪郭付けをするような感じですね。アイライナーみたいなものと思っていただくと分かりやすいかも?
なので元々の瞳が明るめの茶色であれば少し濃い目の茶色系を選んでもらったり、色が付いている部分の内側がぎざぎざして馴染みやすいものではなくシンプルなデザインのものを選んで頂くと良いかと思います。

目力重視!!という人には思い切って黒系のレンズを選んで頂くと、ぱちっとした印象になります(・v・)
余談ですが個人的には大きく、というよりハッキリ派なので1Dayディファインの「ラディアントチャーム」の色味が好きです。


ここまで色々長々と書いてきましたが、お客様の参考になれば幸いですヽ(・ω・)人(・v・)ノ
長々読んでらんないよ!!!という方は是非店頭でもご相談下さい!


|

« 定休日のお知らせ | Main | HIARIフレーム »