« メガネセット価格 5000円から!★ | Main | ハードレンズとソフトレンズ② »

November 16, 2018

ハードレンズとソフトレンズ①

こんにちわ!アートコンタクトです。

この時期お客様によく説明させていただく「ハードレンズ」と「ソフトレンズ」の違い。
当店ではもちろん両方お使い頂いている方もいらっしゃいますが、今回はそれぞれの特徴をざっくり書いていこうと思います。

長くなりそうなので今回はハードレンズの特徴から!

読んで字の如くですが「Hard」なので硬く、黒目よりも小さいレンズになります。目の形とレンズの丸みが合っていないと落としやすいのもこのレンズになります。
ざっくり特徴としましては↓

①乱視が強い方でも視力が出やすい
②目に異常がある時にはめると痛い≒異常に気付きやすい
③慣れるまで時間がかかる(ごろごろ感が気になる)
④レンズ自体が水を吸わないので、ソフトに比べ乾燥しにくい

どのメーカーのハードレンズにも言えますが、度数だけでなくレンズの丸みもその方に合わせて作成するので、ソフトレンズだとどうしてもレンズがずれる!目にあわない!ということが少ないレンズにもなります。
もし目にゴミが入ったりした場合は水道水で洗うことが出来るレンズでもあります。


ただし!硬いので初めて使う方だとどうしても痛くてはめられない!!といわれることも多いです・・・(特にソフトレンズを使われていると多いですね・・・)

また長期間同じレンズを使うことも可能ですが、衛生面や経年劣化を考えると、お店やメーカーとしては1-2年での買い替えや、定額制プランによる1年リニューアルをおすすめしています。

余談ですが、日本で初めて現在のハードレンズのよく似た「角膜コンタクトレンズ」を開発されたのがここ名古屋市の田中恭一氏(現㈱メニコン会長)だったりします。名古屋市民には案外身近なんですね。


案の定長くなりましたね(笑)
次回はソフトレンズの特徴について書いていこうかと思います。お付き合いいただけると幸いですヽ(・ω・)ノ

|

« メガネセット価格 5000円から!★ | Main | ハードレンズとソフトレンズ② »